肌を守る洗顔、お手入に関する情報サイト

HOME>>肌別 肌お手入れについて

肌別 肌お手入れについて

乾燥肌

乾燥肌の原因

乾燥肌になる原因は様々です。冬に空気が乾燥し、皮脂と汗の分泌量が減ることで乾燥肌になることもありますし、寝不足・疲労・ストレスによる血液循環の悪化で乾燥肌になることもあります。また、間違った肌のお手入れを続けることで、乾燥肌になってしまうこともあります。
例えば、洗顔をしすぎると必要な皮脂まで洗いながしてしまいます。
また、「しっとり感」のある肌にするため、鉱物油、合成界面活性剤などが含まれるクレンジングや乳液を長期間使い続けると、肌のバリア機能が壊れ慢性的な乾燥肌になってしまうこともあるのです。

乾燥肌


乾燥肌のお手入れの方法

乾燥肌のお手入れ方法は、38〜40℃のぬるめのお風呂につかり肌をいたわることです。
お湯の温度が高いと乾燥肌に刺激を与えてしまうので気をつけてください。

脂性肌

脂性肌の原因

脂性肌は、偏った食事や運動不足、タバコの吸い過ぎなどの不規則な生活やホルモンバランスの崩れ、または、お肌が乾燥を防ごうとして皮脂の分泌が多くなっていることが原因で起こります。
また、空気中の汚れが肌につき、ニキビが出来やすくなるという特徴もあります。

脂性肌のお手入れの方法

脂性肌のお手入れをする上で大切なのは、洗顔とビタミンCを取り入れた食事です。
また、しっかりと睡眠をとり不規則な生活を改善することも大切です。

敏感肌

敏感肌の原因

敏感肌とは、肌にちょっと刺激を受けただけで、カサついたり荒れたりしてしまう非常にデリケートな肌の状態を言います。
本来、人の肌には外からの刺激を防ぐためのバリア機能があります。
しかし、敏感肌の人は、この機能が低下しているためにトラブルを起こしやすくなってしまうのです。

敏感肌のお手入れの方法

敏感肌を保護するには入浴時などに、しっかりと汗や汚れを洗い落とし、清潔を保つことが大切です。
また、脱脂力の強い石鹸の使用はバリア機能を低下させてしまうので控えましょう。
入浴時、適度な油脂を補えるような石鹸や入浴剤を使ってみるのも良いでしょう。

PAGE TOP