肌を守る洗顔、お手入に関する情報サイト

HOME>>季節・年齢別 肌お手入れについて

季節・年齢別 肌お手入れについて

〜季節編〜春・夏のお肌のお手入れ

気候がしだいに暖かくなりだす春先や真夏の日差しはお肌にとって大敵です。
お肌に照りつける紫外線は日焼けやしわ・しみの原因となり、肌を痛めてしまいます。
そのため、外出時は帽子や日傘などで日差しを防ぐようにしましょう。
しかし、日差しだけに気をつければいいわけではありません。気温の上昇により汗や皮脂が肌表面に大量分泌されると、肌に細菌が繁殖しやすくなります。
特に皮脂は毛穴に蓄積されるとニキビの原因となるため、十分に注意する必要があります。
汗・皮脂は時々ふき取るようにしましょう。
また、肌の清潔を保つために入浴時には熱いお湯につかり汗をしっかりと流すようにしましょう。

〜季節編〜春・夏のお肌のお手入れ


〜季節編〜冬・秋のお肌のお手入れ

季節が秋・冬になると気温が下がり、外気や暖房による乾燥で、どんどん肌から水分が逃げてしまいます。そのため、乾燥による肌荒れを防ぐため保水・保湿が重要になります。就寝前にはしっかりと洗顔し、肌をお手入れしておきましょう。
そして、オイルや乳液・クリームなどで油分を補い、軽く顔のマッサージをしましょう。
また、外出時はマフラー、手袋などを使い、顔も含めた全身に防寒対策を施し、肌の乾燥を防ぎましょう。

〜年齢編〜20代のお肌のお手入れ

20代は、毛穴の開きにより皮脂の分泌が1番活発な時期で、皮膚のテカリやニキビが気になる時期です。また、 筋肉の衰えと肌の水分不足により、肌がたるみだします。
20代からしっかりとした肌のお手入れをしておきましょう。丁寧な洗顔と良質な脂分の補給などを行い、こまめに肌のお手入れをしておくことが重要です。

〜年齢編〜30代のお肌のお手入れ

お肌が徐々に刺激に対して弱くなりだす時期です。
この年代では、大抵の人がお肌の悩みをかかえるようになります。大切なのは紫外線や乾燥による肌へのダメージを気をつけることです。
これらを防ぎ、肌に刺激を与えないようにしましょう。

〜年齢編〜40、50代のお肌のお手入れ

40、50代になると、皮脂の分泌が減少し始めますので、乾燥予防が重要になってきます。
この時、注意しなければならないのは洗顔も含めた肌の洗い方です。
赤ちゃんの柔肌を洗うように、手でなで洗いする方法が肌に刺激を与えず効果的です。
また、洗顔は、ぬるま湯(32℃前後)で洗顔するようにしましょう。

PAGE TOP