肌を守る正しい洗顔方法、お手入に関する情報サイト

HOME>>お肌のお手入れ 洗顔後編>>Dr.Benの洗顔後POINT

Dr.Benの洗顔後POINT

洗顔後の正しいケア方法

化粧水の正しい使い方

化粧水は、肌を輝かすための基礎化粧品です。
洗顔により肌の汗や皮脂、汚れなどを取り除いた後につけます。

化粧水の使い方としてコットンを使う方法と手でつける方法があります。
コットンでつける場合、コットンを、利き手ではない方の中指と薬指の腹にのせ、人さし指と薬指でコットンをおさえます。そして、化粧水がコットンの裏側まで浸透するほどたっぷりと含ませます。顔の内側から外側に向かって、ほおやひたいなど広い部分から、鼻、あごと、ていねいに拭くようにつけます。
足りない場合は、新しいコットンに変えず、同じものに少量の化粧水をたらしてつけましょう。

洗顔後の正しいケア方法


そして、手で化粧水をつける場合は、まず、片手のひらに適量の化粧水をたらし、両手のひら全体に広げます。次に少しずつ顔全体に馴染ませながら、顔の中心から外側へ、大きく円を描くようにのばしていきます。目尻や口周りなどは丁寧に指先を使ってそっと押さえるようにつけましょう。

PAGE TOP